「サポートされるオペレーティングシステム (OS) と環境」の要件を以下にまとめます。

※以下の情報については、各種バージョンアップやサポート終了などにより変更となることがあります。


1.  Windows 系(エージェント) 

 - Windows XP Professional SP1(x64)、SP2(x64)、SP3(x86)
 - Windows Server 2003 SP1/2003 R2以降 – StandardおよびEnterpriseエディション (x86、x64)
 - Windows Small Business Server 2003/2003 R2
 - Windows Vista: すべてのエディション
 - Windows Server 2008: Standard、Enterprise、Datacenter、Webの各エディション(x86、x64)
 - Windows Small Business Server 2008
 - Windows 7: すべてのエディション
 - Windows Server 2008 R2: Standard、Enterprise、Datacenter、Foundation、Web の各エディション
 - Windows Home Server 2011
 - Windows MultiPoint Server 2010/2011/2012
 - Windows Small Business Server 2011: すべてのエディション
 - Windows 8/8.1 – Windows RTエディションを除くすべてのエディション(x86、x64)
 - Windows Server 2012/2012 R2: すべてのエディション
 - Windows Storage Server 2003/2008/2008 R2/2012/2012 R2/2016
 - Windows 10 - Home、Pro、Education、Enterprise、IoT Enterprise、LTSC(旧称: LTSB)の各エディション
 - Windows Server 2016: Nano Server以外のすべてのインストールオプション
 - Windows Server 2019: Nano Server以外のすべてのインストールオプション

2. SQLエージェント

3. Active Directoryエージェント

4. Exchangeエージェント(データベースバックアップとアプリケーション認識型バックアップ用)

 各エージェントは上記の一覧で示すオペレーティングシステムとサポートされているバージョンのアプリケーションを実行するコンピュータにインストールできます。


5. データ漏洩防止エージェント

 - Microsoft Windows 7 Service Pack 1以降
 - Windows Server 2008 R2以降
 - macOS 10.15(Catalina)以降
 - macOS 11.2.3(Big Sur)以降

 注1:データ漏洩防止macOSエージェントは、x64プロセッサーのみをサポートしています。

   (ARM64はサポートしていません)


 注2:データ漏洩防止エージェントはMacエージェントの一部であるため、サポートされていない

    macOSシステムにインストールされる可能性があります。


6. Exchangeエージェント(メールボックスバックアップ用)

 - Windows Server 2008: Standard、Enterprise、Datacenter、Webの各エディション(x86、x64)
 - Windows Small Business Server 2008
 - Windows 7: すべてのエディション
 - Windows Server 2008 R2: Standard、Enterprise、Datacenter、Foundation、Web の各エディション
 - Windows MultiPoint Server 2010/2011/2012
 - Windows Small Business Server 2011: すべてのエディション
 - Windows 8/8.1 – Windows RTエディションを除くすべてのエディション(x86、x64)
 - Windows Server 2012/2012 R2: すべてのエディション
 - Windows Storage Server 2008/2008 R2/2012/2012 R2
 - Windows 10: Home、Pro、Education、Enterpriseの各エディション
 - Windows Server 2016: Nano Server以外のすべてのインストールオプション
 - Windows Server 2019: Nano Server以外のすべてのインストールオプション

7. Microsoft 365エージェント

 - Windows Server 2008 - Standard、Enterprise、Datacenter、Foundation、Webの各エディション(x64のみ)
 - Windows Small Business Server 2008
 - Windows Server 2008 R2: Standard、Enterprise、Datacenter、Foundation、Web の各エディション
 - Windows Home Server 2011
 - Windows Small Business Server 2011: すべてのエディション
 - Windows 8/8.1: Windows RTエディションを除くすべてのエディション(x64のみ)
 - Windows Server 2012/2012 R2: すべてのエディション
 - Windows Storage Server 2008/2008 R2/2012/2012 R2/2016(x64のみ)
 - Windows 10: Home、Pro、Education、Enterpriseの各エディション(x64のみ)
 - Windows Server 2016 – Nano Server以外のすべてのインストールオプション(x64のみ)
 - Windows Server 2019 – Nano Server 以外のすべてのインストールオプション(x64 のみ)

8. Oracle エージェント

 - Windows Server 2008R2 – Standard、Enterprise、Datacenter、Webの各エディション(x86、x64)
 - Windows Server 2012R2 – Standard、Enterprise、Datacenter、Webの各エディション(x86、x64)
 - Linux - Linuxエージェントによってサポートされているすべてのカーネルとディストリビューション(下記参照)

9. Linux 系(エージェント) 

2.6.9から5.8のカーネルとglibc 2.3.4以降を搭載したLinux
 (以下のx86とx86_64のディストリビューションが含まれます)
 - Red Hat Enterprise Linux 4.x、5.x、6.x、7.0、7.1、7.2、7.3、7.4、7.5、7.6、7.7、7.8、7.9、8.0*、8.1*、8.2*、8.3*、8,4*
 - Ubuntu 9.10、10.04、10.10、11.04、11.10、12.04、12.10、13.04、13.10、14.04、14.10、15.04、15.10、16.04、16.10、17.04、17.10、18.04、18.10、19.04、19.10、20.04
 - Fedora 11、12、13、14、15、16、17、18、19、20、21、22、23、24、25、26、27、28、29、30、31
 - SUSE Linux Enterprise Server 10 および 11
 - SUSE Linux Enterprise Server 12、SUSE Linux Enterprise Server 15 SP1、SP2 - Btrfsを除くファイルシステムでサポートされています
 - Debian 4、5、6、7.0、7.2、7.4、7.5、7.6、7.7、8.0、8.1、8.2、8.3、8.4、8.5、8.6、8.7、8.8、8.11、9.0、9.1、9.2、9.3、9.4、9.5、9.6、9.7、9.8、10
 - CentOS 5.x、6.x、7、7.1、7.2、7.3、7.4、7.5、7.6、7.7、7.8、7.9、8.0、8.1、8.2、8.3、8.4
 - CentOS Stream 8
 - Oracle Linux 5.x、6.x、7.0、7.1、7.2、7.3、7.4、7.5、7.6、7.7、7.8、7.9、8.0、8.1、8.2、8.3 - Unbreakable Enterprise KernelとRed Hat Compatible Kernelの両方
 - CloudLinux 5.x、6.x、7、7.1、7.2、7.3、7.4、7.5、7.6、7.7、7.8、7.9、8.0、8.1、8.2、8.3
 - ClearOS 5.x、6.x、7、7.1、7.2、7.3、7.4、7.5、7.6、7.7
 - ALT Linux 7.0


※RPM Package Manager を使用していないシステム(Ubuntu システムなど)に製品をインストールする場合は、インストールの前に、ルート ユーザーとして次のコマンドを実行するなどしてこのマネージャを手動でインストールする必要があります

10. MacOS 系(エージェント)

x64およびARM64(Apple M1など)*の両方のプロセッサーをサポートしています。

 - OS X Mavericks 10.9
 - OS X Yosemite 10.10
 - OS X El Capitan 10.11
 - macOS Sierra 10.12
 - macOS High Sierra 10.13
 - macOS Mojave 10.14
 - macOS Catalina 10.15
 - macOS Big Sur 11

11. VMware 関連(仮想アプライアンス)

ESXi ホストで実行する仮想アプライアンスとして提供されます。

 - VMware ESXi 4.1、5.0、5.1、5.5、6.0、6.5、6.7、7.0


12. VMware関連(エージェント:Windows ベース)

Windowsアプリケーションとして提供されます。ただし次の例外があります。

 - 32ビットオペレーティングシステムはサポートされません。
 - Windows XP、Windows Server 2003/2003 R2、Windows Small Business Server 2003/2003 R2はサポートされません。

13. Hyper-V 関連(エージェント)

 - Windows Server 2008(x64のみ)with Hyper-Vのロール: Server Coreインストールモードを含む
 - Windows Server 2008 R2 with Hyper-Vのロール: Server Coreインストールモードを含む
 - Microsoft Hyper-V Server 2008/2008 R2
 - Windows Server 2012/2012 R2 with Hyper-Vのロール: Server Coreインストールモードを含む
 - Microsoft Hyper-V Server 2012/2012 R2
 - Windows Server 8、8.1(x64のみ)(Hyper-V使用)
 - Windows 10: Pro、Education、Enterpriseエディション(Hyper-V使用)
 - Windows Server 2016 with Hyper-Vのロール: Nano Server以外の全インストールオプション
 - Microsoft Hyper-V Server 2016
 - Windows Server 2019 with Hyper-Vのロール: Nano Server以外の全インストールオプション
 - Microsoft Hyper-V Server 2019

14. Virtuozzo関連(エージェント)

 - Virtuozzo 6.0.10、6.0.11、6.0.12、7.0.13、7.0.14
 - Virtuozzo Hybrid Server 7.5

15. Virtuozzo Hybrid Infrastructureエージェント

 - Virtuozzo Hybrid Infrastructure、3.5、4.0、4.5


16. Scale Computing HC3エージェント

 - Scale Computing Hypercore 8.8、8.9、9.0


17. oVirtエージェント

 - Red Hat Virtualization 4.2、4.3、4.4